News

2024.5.09

お知らせ

物価高騰と円安に負けない、ハワイでの賢い節約術

物価高騰と円安に負けない、ハワイでの賢い節約術

2024年現在、ハワイでは物価が高騰し、円安も進行しています。日本で100円程度で購入できる500mlのペットボトルの水が、ハワイでは約1.4ドル(約200円)と非常に高価です。物価の上昇と円の価値低下の影響で、ハワイ旅行の費用が心配な方は多いでしょう。しかし、ワイコレを活用することで、賢く節約しつつハワイの魅力を十分に楽しむことができます。

●ワンランクアップグレードで贅沢をお得に体験
ワイコレでは、4連泊以上のご予約で、通常のお部屋からワンランク上のお部屋への無料アップグレードを提供しています。さらに、スイートルームに5連泊以上されるお客様には、1泊分の宿泊費が無料になる特典もございます。オーシャンフロントの部屋や、広々としたスイートルームで、ハワイの美しい海を眺めながら、忘れられない滞在をお楽しみください。

●リゾートフィー込みで安心の滞在
ワイコレのパッケージツアーには、リゾートフィーが含まれており、追加料金の心配がありません。このリゾートフィーには、リラックスできるヨガやフラダンスのレッスン、ウクレレの演奏体験、GoProカメラの貸出、そして快適なWi-Fiアクセスなど、充実したアメニティが含まれています。これらのサービスを利用して、ハワイでの滞在をより豊かなものにしましょう。

詳しくはこちらをご覧ください→リゾートフィープログラムを利用してお得にハワイ旅行を満喫!

●ダイニング・リゾートパスで食費も節約
ハワイのレストランでの食事は、日本と比較して約3倍のコストがかかると言われていますが、ワイコレでは、4連泊以上のご予約で、100ドルまたは200ドルのダイニング・リゾートパスが付与されます。このパスを利用すれば、レストランでの食事もお得に楽しむことができます。モアナサーフライダーホテルの1階にあるレストラン「ザ・ベランダ」では朝食ビュッフェをご利用いただけますので、お好きなだけお召し上がりいただけます(モアナサーフライダー以外にご宿泊の方でも利用できます)

詳しくはこちらをご覧ください→モアナサーフライダー「ザ・ベランダ」の朝食ブッフェが再開!

また、ワイコレ4ホテルにほど近い、ワイキキのロイヤルハワイアンセンターには、様々なお料理が楽しめるフードコートが2か所(C館3階「ワイキキ フードホール」B館2階「パイナラナイ」)あります。ハワイのレストランで食事をするときには通常18~20%程度のチップをサービス料として支払う必要がありますが、セルフサービスのフードコートでは一般的にチップは必要ありません。

その他、コンビニでカップ麺を購入し、ホテルの電子レンジで温めることで、手軽に食費を節約することも可能です。ワイコレの4つのホテルでは、電子レンジやケトルが利用でき、食事を温めることができます。

詳しくはこちらをご覧ください→【必見!】リゾートパスの使い方と利用可能な施設のご紹介!

●夏休みや他の繁忙期にもお得に利用
多くのサービスでは、夏休み、春休み、ゴールデンウィーク、シルバーウィークをはじめとする繁忙期には追加料金が発生することが一般的です。しかし、ワイコレでは、そうした追加料金を設けておりません。そのため、繁忙期でも通常料金でご利用いただけます(※一部の期間は除きます)

これらの節約術を活用して、ハワイでの滞在をより楽しく、かつ経済的に過ごしましょう。

詳細なキャンペーン情報については、下記をご覧ください。

ハワイ旅行大応援企画NO.1
「やっぱりハワイ」ハワイ州観光局連動企画!客室ワンランク無料アップグレードキャンペーン<リゾートパス100ドル付>

ハワイ旅行大応援企画NO.2
「やっぱりハワイ」ハワイ州観光局連動企画!スイートルーム5連泊以上1泊無料+客室アップグレードキャンペーン<リゾートパス200ドル付>
 

ハワイ旅行ならワイコレ

ワイキキを象徴する4つのホテル専用
宿泊+航空券をまとめて予約
【The Waikiki Collection ワイコレ】

宿泊+航空券